こんな時こそ青汁を!

ロゴ
トップページ
<青汁を飲むタイミングはいつでもあります>
テレビのコマーシャルなどを見ていると、一度体調を崩した人が青汁を選んだというイメージが強い青汁ですね。実際はどのような時に青汁を飲むのがよいのでしょうか? 栄養価、効能の面から考えると病中病後の方だけではなく、成長期の小中高校生、受験生、インフルエンザが流行る時期、花粉症の時期、熱い時期の夏バテ予防、熱中症予防、ダイエット中の栄養素の補充、妊娠中、授乳中、子育て中、飲み会の前後、海外赴任中・・などと青汁を飲むタイミングはいつでもありますね。 でも、一番いいのは日常的に飲むことです。食べるものが体を作ります。個人や環境にもよりますが、必要な栄養素をきちんととり、運動と睡眠を十分とり、神経伝達を正常に行わせ、気持ちが落ち着くことがベストな状態です。免疫力が高まっていれば病気や怪我になったとしても、回復も早いでしょう。 青汁は薬ではありませんし、即効性もありません。体調が悪くなってからでは遅いのです。青汁の効果は普段は何も感じなくても「考えてみたら最近体調がよかったな」と後から気づくものなのです。 毎日毎日元気な方はそういません。いたとしても気力でカバーしている部分も大きいでしょう。重い病気にかかってしまう人も世の中にはたくさんいます。でも、いつもよりも少しだけ元気な日が増えただけで喜びを感じるということはありませんか?長い間寝込んでいて、元気になると「あぁ、やっぱり健康が一番だな」と思うでしょう。病気中だとしても「今日はなんだか体調がいい。気分もいい」というときはとても幸せを感じることがありますよね。 そうした日を一日でも多く増やすためにも、青汁 ランキングを活用して効果のある青汁を普段から飲んでおくことを強くおすすめします。

<あくまで健康補助食品です>
青汁は薬ではありません。病気やダイエットの代替食品でもありません。青汁の素晴らしさを他の項目でたくさんお伝えいたしましたが、これだけ栄養豊富ならばこれさえ飲んでおけば大丈夫!というわけではありません。青汁はあくまで健康食品であることをご理解ください。(健康補助食品の定義については割愛させていただきます。) 忙しい現代社会、私たちは食事をあまりにもおろそかにしすぎてきました。お酒を飲み、甘いものを食べ、早くて簡単、美味しいもの、好きなものだけを食べ続けることによって毎日おなか一杯食べているはずなのに、栄養不足を招いてしまっていたのです。交通機関が発達し、歩くこともほとんどなくなってしまいました。食べるものを変えず、歩こうともせずに青汁を飲めば全てクリアになるわけがありません。ぜひ自分の体に問いかけてみてください。最近のお食事はバランスが取れていますか?食べ過ぎではありませんか?睡眠はとれていますか?運動はできていますか?体は冷えていませんか? 青汁の素晴らしさを理解したうえで、体質に合わせたバランスの良い生活を実践していくことが青汁の効果をさらに高めることにつながるのではないでしょうか。 食べているものが体を作ります。作られた体で私たちは心を動かします。落ち込み過ぎている時、元気がないとき、精神科や心療内科にいくまえに、まず食生活を見直してみてください。心と体はつながっているのですから。



Copyright(c) こんな時こそ青汁を!. All right reserved.